モノ好き男子ブログ

カメラにまつわる色んなコトバ〜名称・略称・愛称etc〜

   

写真を撮っていると、普段聞き慣れない略称や、名称を耳にすることがあります。

今日はそんなカメラにまつわる、知っているようで知らない用語を勉強がてらまとめてみました。

それではどうぞ。


カメラの種類

コンデジ

言わずもがな、コンパクトデジカメの略。

デジイチ

デジタル一眼レフカメラの略、広義でミラーレス一眼も含まれたりする。

一眼レフの「レフ」はレンズから入った光をミラーやペンタプリズムを用いて直接ファインダーから見られるようにする機構のこと。英語のレフレックス(reflex)が由来。

ミラーレス一眼は、この機構がないためミラーレスと称される。

一眼レフの「一眼」はレンズが1つという意味。二眼レフカメラなんかもある。

実売データを基にしたBCNランキングによると、2016年のデジタル一眼レフの市場シェアは1位:キヤノン(56.2%)、2位:ニコン(36.7%)、3位リコー(6.7%)。

一方、ミラーレス一眼は1位:オリンパス(34.5%)、2位:ソニー(24.8%)、3位:キヤノン(13.6%)とのこと。

レンズの愛称

カメラの用語の中で一番よく使われていると思われるのが、レンズの略称です。

会話の中で長ったらしい型番を言うわけにもいかないので、略称が多用されます。

望遠&超望遠単焦点レンズ

サンニッパ(300mm F2.8)

300mmの焦点距離でF値が2.8の明るさを持つ望遠単焦点レンズのことをいう。

キヤノンのEF300mm F2.8 IS Ⅱ USMは56万円重量は2350g

ニコンのAF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR IIは55万円で2900g

同じ焦点距離で開放F値が4のレンズはサンヨンと呼ばれる。

ちなみにこのような望遠レンズは大砲とも呼ばれ、ニコンとキヤノンはそれぞれ黒色と白色に分かれているため、オリンピックなどの大会の際には、一目でメーカーの勢力図が見分けられるようになっている。

ヨンニッパ (400mm F2.8)

キヤノンEF400mm F2.8L IS II USMは93万円で重さは3850g

ニコンAF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VRは115万円で3800g

同じ焦点距離で開放F値が5.6のレンズはシゴロクと呼ばれる。

ゴーヨン (500mm F4)

サンニッパ、ヨンニッパよりもさらに望遠の単焦点レンズ。このクラスでF値2.8のレンズを作るのは相当難しいらしく、1段暗いF4。それでも値段は化け物。重さも化け物。

キヤノンのEF500mm F4L IS II USMは83万円で3190g

ニコンのAF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRは99万円で3090g

さらに望遠でロクヨンも存在する。

ハチゴロー (800mm F5.6)

キャノニコが誇る超望遠レンズ。値段も重さも全長もまさしく大砲のようなスケール感。

キャノンのEF800mm F5.6L IS USMは134万円で4500g、全長461mm。

ニコンのAF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRは152万円で4590g、全長461mm。

ズームレンズ

大三元レンズ

麻雀の役の名前を冠したズームレンズ群のこと。広角、標準、望遠、それぞれズーム全域で解放F値が2.8(通称:ニッパチ通し)の明るく高価なハイスペックレンズ。

レンズ沼にハマった人間の1つの到達点。

ニコキャノ・ソニーのフルサイズ用は3本揃えるのにおよそ60万円ほどかかる。

例文:いつかは欲しい大三元。

Amazon.co.jp: CANONの大三元レンズ
Amazon.co.jp: ニコンの大三元レンズ

小三元レンズ

大三元には明るさで一歩劣る、F4通しのレンズ。その分価格と重量が少しお求めやすくなっている。

レンズ沼の中期、単焦点レンズの次に揃えたくなるレンズ。ただしどうせ大三元レンズも欲しくなる。

Amazon.co.jp: キヤノンの小三元レンズ
Amazon.co.jp: ニコンの小三元レンズ

便利ズーム

広角、標準、望遠の複数のズーム域を一本でカバーするズームレンズのこと。

画質や明るさが犠牲になるものの、レンズ交換の手間や荷物を減らせるところにメリットがある。

キヤノンEF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

ニコンAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

単焦点レンズ

撒き餌レンズ

カメラメーカー各社がカメラ歴の浅い顧客を沼にはめる為のトラップ。

暗めのキットレンズと異なり、明るく、背景をぼかしやすいので、分かりやすくいい写真が撮れるようになる。

値段が他のレンズと違い安価なので初心者にも手を出しやすく、費用対効果が高いため、より上位のレンズにも興味をもってしまう。各社標準的な画角(50mm)でF1.8の明るさのものを撒き餌としている。

パンケーキレンズ

薄くコンパクトな単焦点レンズのこと。その薄さがパンケーキのようなのでその名で親しまれている。全長が短いので基本的には単焦点のF値が明るいレンズだが、沈動式のズームレンズも存在する。

赤レンズ(赤帯)

キヤノンの高価格帯の高性能レンズ(Lレンズ)のこと。鏡筒に入った赤いラインを指してこう呼ぶ。ちなみにオリンパスは青いライン。

その他

コンニャク現象

別名ローリングシャッター歪み。電子シャッターを使用した際、CMOSセンサーが1ラインずつ画素を露光し信号を読み込むため、その読込速度よりも動体の方が速い場合に被写体が斜めに歪む。

メカシャッターを用いた場合は生じない。

現在は上記の消費電力が小さいCMOSセンサーが一般的だが、かつて多く採用されていたCCDセンサーでは全画素一括露光だったためローリングシャッター歪みは生じなかった。

2016年の夏にキヤノンが全画素一括露光可能なグローバルシャッター搭載のCMOSセンサーを開発したと発表した。

ニコン巻き

外れにくいストラップの取り付け方。元々ニコンが推奨し始めた方法だが、その抜けにくさや、ストラップの端が邪魔にならない便利さから、多くのカメラマンが採用しているそう。

別名「プロスト巻き」

おわりに

以上、カメラにまつわる色々な名称、略称でしたー。

 - ガジェット, 写真・映像 , , ,

広告(アドセンス)

広告(アドセンス)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[凹] モバイルプロジェクターならQUMIのQ5!【490gで500lm】
マップカメラ楽天市場店で中古の大三元を買った結果大満足だった話。
[凹] E6300は打鍵感が良く持ち運びも楽なBluetoothキーボード!モブログのお供にとても良さそう。
OLYMPUSの化け物フラッグシップOM–D E–M1 MarkⅡを買ったよ!
安くてコスパ抜群なIDEXの防湿庫DS-51Cを導入!
ポケモンGOが始まる前に用意しておきたいモバイルバッテリー3選!
[凹] 自由自在な三脚、JOBYのゴリラポッドSLR-ZOOMを紹介
やって分かったマネキンチャレンジのやり方やコツを紹介!【Manequin Challenge】
超小型でポケットにも収まる折りたたみスマホスタンド!【ミヨシのMOBIBLE】
OM-D E-M1 MarkⅡにはレキサーのSDカードがオススメ!