モノ好き男子ブログ

耳コピする時にキーとテンポが一発で分かるアプリ“djay 2”が超便利だった!

   

アカペラをやっている人がいずれはぶち当たる問題。それが、「歌いたい曲に楽譜がない問題」

合唱やバンドの場合、楽譜は選び放題ですが、未だニッチなジャンルであるアカペラに関しては全然選択肢がありません。

僕はプロアカペラグループの原曲を耳コピすることが多いのですが、採譜する際いつも困るのが、曲全体のキーやテンポを特定する作業です。

原曲を流しながらメトロノームアプリでテンポを特定するのはかなり手間で、キーに関しても、耳コピした後で曲の本当のキーがわかり、調を変えて書き直すという大変な労力を費やしていたわけです。

ところがそんな手間を一瞬で解決するアプリが僕のiPhoneの中に眠っていました。その名は“djay 2”です。

解決策は全然関係ないDJアプリ?!

image

本来、このアプリはiTunesに入ってる曲を使ってDJプレイができるアプリで、最初にダウンロードしたのも興味本位でした。

このアプリで曲を読み込むと、その曲を数秒でスキャンして、キーとテンポを自動で判別してくれます。この機能、そもそもは二つの曲をミックスしたり、つなげたりするための機能ですが、まさかアカペラの採譜で役に立つとは。製作者も全く予想してなかったでしょう。

“djay 2”の使い方

まずアプリを立ち上げるとこのような画面になります。まさにDJ卓のようなUIで、二つの曲をセッティングすることができるわけです。曲を取り込む時は左上の「+」マークの部分をタップします。

すると、このようにiTunesの中の曲を選ぶことができるので、キーとテンポを調べたい曲をタップ。

即座に曲が読み込まれ、数秒の後にキーとテンポが左上隅に表示されます。これで終了、All Over.あっちゅーま。

こんな感じで苦労することなくキーとテンポを把握することができる&DJプレイも遊べるので、気になる方はダウンロードしてみてはいかがでしょ。有料ですが、コーヒー一杯分くらいでダウンロードできるので、断然オススメです。

 - Apple製品, 音響機材

広告(アドセンス)

広告(アドセンス)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

slooProImg_20161005012720.jpg
LogicoolのソーラーキーボードK760の電池を交換してみた
slooProImg_20161031234205.jpg
結局iPad Proには純正のSmart Keyboardが一番いいみたい。
slooProImg_20160510230742.jpg
9.7インチのiPadProを導入したらペーパーレス化がめちゃめちゃ進んだ件について
hiroyaki.MacBook-cable001.JPG
[凹] MacBookの電源コード、まだこのツメに巻きつけて消耗してるの?
hiroyaki.be_.ez_.shoulder.bag002.JPG
[凹] MacBook Air11インチ丁度で激薄のオススメショルダーバッグ!
hiroyaki.hirise.for_.mac001.JPG
[凹] iMacにオススメのディスプレイスタンドはHiRise for iMac!Thunderboltディスプレイにも!
001.jpg
[凹] MacBook Air11インチピッタリサイズのハリスツイード使用ショルダーバッグが国立商店さんから限定販売!
roberu.iphone.case001.jpg
[凹] Roberuの本革製iPhoneケースはお洒落でコンパクト!
8328700350_b52330ccc9_o.jpg
[凹] コンパクトなMacBook Airを身軽に持ち歩くオススメバッグ3選!
zoom.iq500001.JPG
Zoomのマイクを挿すだけでiPhoneが高音質なビデオカメラに変身?!