モノ好き男子ブログ

エントリーシート(ES)は当日午前でも〆切に間に合う!

   

前もって準備しようと思いつつも、誤字やコダワリで完成が〆切直前になってしまいがちなエントリーシート。

そのエントリーシートの完成が〆切当日の朝になってしまっても間に合う方法があるんです!

今日はその裏技的な方法について書いてみたいと思います。

(スポンサーリンク)

提出先企業の近くの集配郵便局へ

裏技とは言ったものの、言ってしまえば簡単なことなんです。提出先の企業の地域を管轄する一番メインの郵便局に出しに行く、それだけです。

基本的に郵便物は以上の写真ような流れで配達先に届きます。そのため、間をすっ飛ばして、直接その地域の集配局に出してしまえばタイムラグが最少で済む訳です。

地方に住んでいるならともかく、家も提出先も都心の場合は電車で移動すればすぐに出しに行けちゃいます。

集配郵便局の調べ方

各地区の集配を担当している郵便局の調べ方は簡単です。以下のリンク先で提出先の郵便番号を入力して検索してください。

リンク:日本郵便「集荷に関する連絡先を調べる」

そうすると、その地域の集配郵便局が一発で出てきます。

始業前にゆうゆう窓口へ

集配郵便局の場所を把握したら、あとは始業前のゆうゆう窓口にESを直接出しにいきましょう。

そうすればその日中に、あるいはスムーズにいけば午前中に提出先に配達されます。

だめ押しで速達&簡易書留を頼むと安心

MAX76_gjmax20140531.jpg

基本的にこのやり方をすれば、ほぼほぼ〆切までに提出先の企業に届きますが、心配な方はだめ押しで「速達」や「簡易書留」扱いで送るといいでしょう。追加料金はかかりますが。

ちなみに僕は「速達」にすることは多かったですが、「簡易書留」まではしませんでした。

そもそも余裕を持って書きましょう

と、まあここまで書いてきましたが、そもそもスケジュールに余裕を持ってESを準備しましょう。

余裕を持って投函出来ればここまでお金や労力をかける必要はない訳ですw

あとがき

とはいうものの、〆切ギリギリまで内容を詰めたいという人もいるかもしれません。

そんな人は、ぜひこの裏技を活用して最高のESを書き上げちゃってください。

あくまでも、〆切に間に合わなくても自己責任でw

 - 就活・転職

広告(アドセンス)

広告(アドセンス)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事