モノ好き男子ブログ

眠れない夜にぐっすり眠るための方法

   

PAK93_taikusuwariatama20140322.jpg

翌日、出張やなんかがあって早起きしなければいけない時に限って、全然寝付けない。頭の中で思考がグルグル廻って、全然休まらず、寝なきゃ寝なきゃと焦って更に目が冴える。

今日は、そんな時に役に立つ対処方法について書こうと思う。

(スポンサーリンク)

脳を眠るモードに切り替える音楽

evernew.compactmat001.jpg

寝なきゃいけない時に限って眠れない。これは、脳が眠るためのモードに切り替わっていないということなので、脳をリラックス状態にすればストンと眠りに落ちることができるのである。

脳をリラックスさせるのには音楽が一番。自然の環境音や単調で歌詞のないBGMを流してみよう。ちなみに電車で眠くなる原因の1つでもある「1/f 揺らぎ」を含む音楽だと更に効果的だとされる。

深夜に助かるYoutube

とはいえ、そういうBGMを欲するのは得てして深夜だ。お店が開いている時間じゃない。今時ネットでも音楽は買えるが、直ぐに眠りにつきたいのに、ダウンロードするアルバムを検討して購入したりする一連の行為で頭が冴えてしまっては本末転倒だ。

そんな時は迷わずYoutubeを活用しよう。「快眠動画」と検索すれば川のせせらぎから、誰かが作ったBGMまで様々なものが出てくる。極力頭を使わずに聴き比べ、気に入ったらそのまま流し続けてぐっすり寝てしまおう。

ちなみに私の部屋にあるサラウンドスピーカーを通して聴くと、心地よい低音も相まって効果覿面だった。

それでも眠れなかったら…

N112_nayandahyoujyou

快眠動画でも眠りに落ちることができなかったら。もう諦めて眠れないまま朝を迎えよう。受験生時代に恩師からこんな風なことを教わった。

「入試前日に緊張から眠れなくても、焦らないこと。目を瞑ってじっとしているだけで、脳も体も休まるから、そのまま朝を迎えてしまっても大丈夫。むしろ、眠れないからといって参考書を読んだりネットサーフィンをしたりするのだけはやめなさい。」

どうしても寝れない時は、潔く諦めてしまった方が、かえってリラックスできるかもしれない。

 - 日常

広告(アドセンス)

広告(アドセンス)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事