モノ好き男子ブログ

[凹] 深夜にヨドバシ.comで注文して、そのまま終電で買いに行った話

      2016/07/09

こんにちは!ひろやきです。

皆さんは、深夜に突然モノが欲しくなった経験はありませんか。

僕は幾度となくあります。

そんな時、深夜でも買えるお店はコンビニかネットショップくらいのもんです。
しかし、コンビニは歩ける距離にあっても、専門的な商品は取り扱ってないし、

ネットショップも、品揃えは良いものの、注文した商品はすぐ手に入りません。

買いたい時に買えないのは地味にストレスで、購買欲もすぐに萎えてしまいます。

そんな時にヨドバシ.comのネットで注文&時間外受け取りサービスと出会いました。

かゆい所に手が届く新サービス

ヨドバシ.comと言えば、以下のサービスが有名ですが、

・  全国配送料無料

・  特定エリア内であれば当日配送

・  ネットで注文後、最短30分以内で店舗受け取り可能

これだけでも十分に便利なサービスなのに、

なんと、更に「24時間営業時間外の受け取り」が可能になったそうです!

実際に注文し、深夜に行ってみた

初めてこのサービスに気づいたのは、深夜にホームシアター用のスピーカーセットを吟味していた時でした。

いつもの様にgoogleの画像検索でめぼしい商品を探しながら、都度Amazonやヨドバシ.comで型番を検索して、お財布と相談していたところ、

マルチメディアAkibaにて営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

という文言を発見。

前述の「ネットで注文後最短30分で受け取り可能」というサービスと合わさるとすぐ手に入れられると直感し、気づいた時には注文ボタンを押していました。

時刻は23:43

まんまとヨドバシの思惑にはめられたわけですが、モノがすぐに手に入るなら問題ありません。

いそいそと出かける準備をし、最寄りの駅で電車を待っていると、ヨドバシから商品確保のメールが届きました。

その時刻は23:57

速い、速すぎる!

注文してから確保まで、ものの14分

そしてそのタイミングで、スピーカーに繋ぐ手頃な長さのHDMIケーブルと、吊り下げるためのミニワイヤーが必要な事に気づき、スマホで追加注文をしました。(これもすぐに商品確保!)

00:10

秋葉原に到着してメールで指示された「昭和通り口第一エントランス」に向かったのですが、そこに待っていたのは…

IMG_1335

警備員とシャッター!

どうしようと思ってウロウロしていると、

警備員の方「あ、時間外受け取りの方ですか?」

どうやら時間外受け取りはその都度シャッターを開けて中に入れてくれるらしいです。
防犯上そうなっているのでしょうね。

IMG_1331

おもむろにあがるシャッターと、あがるテンション。

深夜に開くシャッターというのは、何となくワクワクするものですね。

IMG_1332

シャッターの向こうにはヨドバシの店員さんが一名佇んでおりました。

(写真は店員さんが商品を取りに裏に行っている際のものです)

00:15

そんなこんなでスピーカーも追加注文した商品も無事に受け取る事が出来ました。

注文から受け取りまで、その間ほぼ30分

無事に終電で帰る事ができ、その夜のうちに設置する事が出来ました。

こんな時に便利!

今回はほぼ衝動買いに近い買い方でしたが、他にもこんな利用があるんじゃないかと思っています。

1、退勤が深夜でも、帰りしなにスマホで注文して、帰宅途中で受け取り。

2、深夜に急に大量印刷をする事になって、紙とインクが足りない!って時。

しかも、ヨドバシカメラでは日用品や書籍も扱っているので、

3、明日からキャンプ行くのに寝袋準備するの忘れた!って時。

4、 明日から海外旅行に行くのに変圧器準備するの忘れた!って時。

ココが凄い!

最初の方でも書きましたが、コンビニは深夜の買い物に便利だけれど品揃えが問題で、
ネットショッピングは品揃えは素晴らしいけれど、手に入るのにタイムラグがあるんですよね。

そんな中、このヨドバシ.comの新サービスは、ネットショッピングの品揃えと、コンビニの便利さを兼ね備えた素晴らしいサービスだと言えるでしょう。

都心に住んでいたり、勤めている人ならこの恩恵は計り知れないと思います。

このサービスは4月から始まったそうですが、商品を受け取りに行った時に店員さんに聞いた所によると、すでに利用者はそこそこいるようです。

この仕組みの維持のために店舗に詰めている夜勤の方々に感謝の念を抱きながら、
今後も利用して行きたいと思います。

 - 日常

広告(アドセンス)

広告(アドセンス)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事